スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category(スポンサー広告)  
 
EXILEのMATSUが・・・
大変な事になりましたなぁ・・・

EXILEのMATSUが・・・
ベーチェット病と言う難病に・・・
その記事がこちら・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070107-00000065-nks-ent

ベーチェット病を調べたのがこちら・・・
『ベーチェット病』とは 

 ベーチェット病は、厚生省の特定疾患治療研究事業対象疾患に指定されている難病の1つであり、現在我が国では、世界で最も多い15,000~18,000人の患者が存在すると推定されています。   

全身に色々な症状が繰り返し現れる病気ですが、その原因は解っていません。
ベーチェットというのはこの病気を昭和10年代に詳しく報告したトルコの皮膚科の医師の名前です。
この病気はトルコを含む中近東から中国そして日本に多い病気で、シルクロード病とも呼ばれていまず。
日本では、1972年より厚生省に研究班を作り、その原因の解明、治療法の開発に力を入れてきていますが、まだ不明なことも多く、特に眼に症状がある患者さんでは視力の低下、ひどい場合は失明にいたることもあり、難病に指定されています。


べ-チェット病の症状

大きく分けて「主症状」と「副症状」と呼ばれるものに分かれます。

①ベーチェット病の主症状

主症状は口腔内アフタ、皮膚症状、眼症状、外陰部潰瘍の四症状のことを言います。

口腔内アフタとは、口の中の粘膜にできる痛みを伴う潰瘍のことです。
アフタと言われて解らない方でも口内炎はよくできると自覚していられる方が多いと思います。 
皮膚症状はいくつかのものがありまず。
主に足にできる結節性紅斑とよばれる痛みを伴う赤い皮下結節血管に沿って赤く腫れて痛みも伴う血栓性静脈炎、いわゆるニキビのような毛膿炎様皮疹がその症状です。
また、血液検査などを行った時に針をさしたところが化膿して
腫れたり、かみそりまけをしやすいといった、皮膚が刺激に弱いという症状もみられます。
眼症状は眼の中の「ぶどう膜」というところに炎症がおこるため、ぶどう膜炎と呼ばれています。
日本人のぶどう膜炎の多くはベーチェット病です。
症状は程度によって色々ですが多くの場合突然の視力低下
眼痛を自覚します。
ひどい場合一ヵ月に一回、このような炎症が起こり眼の発作と呼ばれています。
外陰部潰瘍は口の中と同じような痛みを伴う潰瘍です。

ベーチェット病の副症状

副症状には、関節炎、副睾丸炎、さらには腸の潰瘍、血管炎、中枢神経症状などの病気が起こる場合があります。
後の三つは特珠病型とも呼ばれる病変でそれぞれ腸管ベーチェット病血管ベーチェット病、神経ベーチェット病とよばれています。
これらの特殊病型は時に重症化することがあり、特に注意が必要です。

MATSUは頑張ってるんですねぇ・・・
これからも病気に負けないで頑張って欲しいです!!!
応援してます!!!
これくらいしか思い浮かばない・・・何か情けない・・・
テーマ : ちょっと!ちょっとちょっと!
ジャンル : 日記
Category(あんな事こんな事・・・) TB(0) CM(0)
 
COMMENTS
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT
 
 
TRACKBACKS
http://yuiyuitotiara.blog51.fc2.com/tb.php/269-6601b0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
< PREV ENTRY  MAIN  NEXT ENTRY >
SEARCH THIS SITE
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
アフィリエイト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
過去のログ

@激安・割安・おすすめ商品@

Templated by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。